ボーダーコリーのハッピー、黒ラブのアニー、新入りボーダーのスマイルの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイクロチップ
我が家は毎月1度、フィラリアの薬をもらうために病院に行っている。
3頭分まとめてもらっても良いのだけど、7ヶ月分をまとめてもらうとなるとかなりの高額になってしまうため、毎月ごとに病院に行って1頭ずつ体重を量ってもらって肛門腺しぼりもしてもらう。
先月からちょうど1ヶ月なので、病院に連れていった。

いつも順番はハッピー、アニー、スマイルの順。
誰からでも良いですよ。と病院の先生はいつも言うけど、
ハッピーは一番楽なので、どうしてもハッピーからになってしまう。
ハッピーは、自主的に病院の中に入り、診察台に喜んで上る。本当に楽。

アニーは、毎回病院のドアの手前まで普通に歩くのだが、ドアを観た瞬間、逃げようとする。
ここで無理矢理抱っことなる。

スマイルは・・・・毎度毎度のことなのだが、一番曲者。
まず、車の中のゲージの中の後方にへばりついてガンとしてゲージからも出ようとしない。
車から降りたら病院に行くのがわかっているのだ。勘が鋭いというのか。困ったチャンである。
ボールで釣っても、おやつでも全然出てこない。
必死の思いで毎回ゲージからひきずりだすことになる。

ゲージから出しても油断したらまたすぐにゲージの中に入ろうとするので、
すぐに無理矢理抱っこ。
抱っこしたまま診察台に行くと、あばれようとするのでみんなで押さえつけられる。
体重を量った後、いつものように肛門腺絞りをしてもらい、その後マイクロチップを入れてもらった。
アメリカ行きが決まったため、マイクロチップを入れなければいけないからだ。
太い針を首の後ろ側に突き刺して入れるのだけど、スマイルは全く痛そうではなく、簡単に入れられた。
すぐにリーダーで確認してもらい、きちんと数字が出てきていた。
狂犬病の注射も打ってもらい、また来月もスマイルは注射打たなければいけない。
なにしろ、2回の注射の後に血液検査が必要なのだ。

また来月もスマイルを車から出すのが、一苦労なのだ。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。