ボーダーコリーのハッピー、黒ラブのアニー、新入りボーダーのスマイルの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エク決勝(オープンの部):ハッピー編※ハイスピ&総合動画あり
去年までは3種目決勝出場してたハッピーだったけど、
ハイジャンプ出場は5歳までと決めていたので今年6歳のハッピーは
ハイジャンプには予選の時点から出場せず、ハイスピードと総合の2種目の出番。
ハイスピードはヒロちゃんがハンドラー、総合はきよぴがハンドラーだった。

まずはハイスピード。
練習走行で、いつもならフィニッシュの先にボールを投げ込むけど
スマイルのハイスピでも記した通り、ボール投げるのは危険だと判断したため
ヒロちゃんが見てた私に「ゴールの先でハッピーの走ってくるのを待って、
ハッピーにボール投げてほしい。」と言われた。
ハッピーはスタートしてからゴールまでハンドラーしか意識してないので
私が投げるボール、果たして効果あるのか
とかなり疑問だったのだけど、ヒロちゃんが言うんだから私的には首かしげながらだったけど協力することにした。

そして練習走行、まあまあ上手く走ったと思う。
ゴール過ぎてから言われた通りハッピーにボール投げたけど、ハッピーはそのボールに全く気がつかず、ゴール過ぎてヒロちゃん見ていた。

やっぱり思った通り。。
ゴールでヒロちゃんがハッピーの口めがけて投げ込んだ方が良かったのでは

そしていよいよ本番。。

ハッピーのハイスピードへGo!

カーブも綺麗に走ったと思うけど、いつものようにフィニッシュ手前の
ストレートの伸びがなくてタイムは9秒19 5位タイの結果だった。
優勝はボーダーのTop君、タイムは8秒90の綺麗な走りで初優勝だった。

人工芝ではなくて屋外の芝の上であれば、今回のような
コンパクトな変形コースであったとしてもハッピーは8秒台で走ってくれたと思う。
けど、人工芝なのだからこの結果は仕方ない。
ハッピーはよく上手く走ってくれたと思う。
10位以内が入賞賞品があるので、入賞賞品GET

毎年毎年、若くてパワーのある子が出てくるけど、これからもパワーキープして頑張っていこうね
そしていよいよ総合。
ハッピーと出場するようになって3回め。
去年は東京ビックサイトだったため、この西武ドームはハッピーと
初ペアで初優勝した記念すべき縁起の良い場所であった。

今年でハッピーとのペアも最後になると思うので
1回め・2回め(人工芝に滑ったけど)ともにノーミス完走している。
3回めの今回も私の目標はノーミス完走すること。
練習でも予選でも決勝でも私はハッピーとのノーミス完走だけをめざしている。
ノーミスしてもしも人工芝で滑ってタイムロスしたとしてもそれは運が悪かったと思って気にしない。
滑るか滑らないかは走ってみなければわからない。。。本当に運次第なのだ。

今年のコースを見て、ビッグマウンテンの入口が1番の難関だと思った。
そこの部分をどうやって攻略したら良いのか。。。
ほとんどの子が低い山を走って練習走行でやり直ししていた。

ハッピーの場合、練習で失敗させて低い方にいかせてしまったら
思い込みが激しい子なので本番でも同じ低い方に行くと思った。

絶対に絶対に失敗させたくない

どうハンドリングして良いか迷ったのでヒロちゃんからアドバイスもらった。
成功させるには2つの方法がある。。。
1つは・・フラッグ過ぎて猛ダッシュしてマウンテン入口にハッピーよりも速くたどり着くこと。
もう1つは・・リングリング過ぎてハードル手前で右から左に
バックスイッチをして向かって左側奥の高い山に押し込むこと。

この2つしか方法はないと言われた。

それを聞いて、1つめの方法は私の足では無理と思ったので、
バックスイッチをすることにした。

バックスイッチ、私なりに頑張ってやったつもりだったんだけど
やり方が中途半端だったせいか、ハッピーを迷わせてしまった。
ハードル飛ぶ瞬間でハッピー後ろで私は左に走ったのでハッピーの体の方向は左側を向いていた。
そこで私がもっと左前走り続け、高い山に押し込むべきだった。
が、左に走ってから私の足が止まったため、ハッピーは高い山に登ろうとせず、
あれれ??という感じで動きが止まり、迷ってしまい結果低い方に足をつけてしまった
やり直しして高い山を上らせてフィニッシュ。

失敗させたくない失敗をさせてしまって大反省!!

そしてヒロちゃんは私の失敗を『何でもっと押し込まなかったんだ!
きっちりバックスイッチしないから失敗するんだ!」
とむっとした顔でけなされた。

私だって失敗させたくないから一生懸命やっているんだよぉ

「何がいけなくて失敗したのか自分ではよくわからないから
私が理解出来るようにちゃんと教えてほしい。」
とヒロちゃんに言うと、
「私に理解させるように説明出来ないから、本番は好きに走れ。」
と見捨てられたような言葉が返ってきた

本番が一番大切なのに、ここで見捨てられた私。。。
ヒロちゃんひどいよ~~

悩みに悩んだ結果、練習走行のハンドリングとは変えて、最初に無理と思ったけど1つめの方法にハンドリング変更することにした。
果たしてショートカットしたとして、本当にハッピーよりも速くマウンテンにたどりつけるのか???

ハッピーの総合へGo!

見ての通り・・・ハッピーより先にマウンテンには辿りつけなかった
2度も低い山に上っちゃってるし。。
このタイムロスが大きく、タイムは31秒13。
最後のビッグバーも落として5秒の加算タイム
低い方走った時点で失敗したのだからとバー落とし覚悟でハッピーよりも先にフィニッシュに向かったので案の定、バー落とした。
ハッピーはバーよりも先に私がいたら必ずバーを落とす。

もしも上手く高い山に上ったとしてたら、私は決してビッグバーの前に走らなかったと思う。

そして、低い山に足をつけた瞬間から高い山に足をつける瞬間までの
計ってみたらタイムロスはおよそ10秒78。
これを単純に引いたとしたら20秒35。
でも、スムーズに高い山を上る時とすぐ手前からでは勢いが違うので
0.2秒くらいは縮まるとしてもビッグバー落とした分低く飛んでいるから
差がないとしてもノーミスしてたら表彰台に届くか届かないかの位置だっただろう。。
去年は本番でフラッグでズルっと滑ったけど、今年は滑ることなく上手く
走れていた。
それだけに、私のハンドリングミスで失敗させてしまって頑張ってくれたハ
ッピーにはとても申し訳ない気持ちだった。

最後の最後、目標のノーミス出来なくて本当に心残り。。
木曾の予選もノーミス出来なかったし、これで2回連続の失敗走行。
来年、決勝には出場できないとしても、予選で1回だけでもまたハッピーと総合走ってノーミスリベンジしたいと思う。

未熟なハンドリングの私のせいで本当にハッピー、ごめんm(__)m

私の気持ちとは違って、ドームで走ることが大好きなハッピーは
とってもとっても楽しそうだった。
ハッピーのテンションも走った感触もおととしの走りと同じ走りだった。
2年の歳月は過ぎても勢いはまだまだ衰えてないハッピーの姿をとても嬉しく思えた。

優勝はボーダーコリーのソラちゃん。
4回めの出場で初優勝だった。実力があることはわかっていたので
納得の優勝
本当に見事な走りでした。おめでとうございます

我が家の一大イベントのエク決勝、今年も楽しく終わった。
去年のビッグサイトよりも西武ドームでの決勝の方が断然楽しい
また来年もドームであったら良いのにな。
というよりも、本心を言えば、決勝も屋外でやってほしいんだけどなぁ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。